2011年01月28日

アコマガVOL47

110128_232648_ed.jpgアコギマガジン47号が発売になりましたー。

この号では、年末に来日ライブしたジョーロビンソンのインタビューアーとして、記事を書いています。

この日、バッチリ通訳してくれたAYAちゃん、ありがとう。

そして、彼のオリジナル曲「strutting it」の完コピTAB譜も書いてます。この曲は、むっちゃテンポが速くて、かなり上級者向けですが、是非トライしてみてください!
ジョーのテクニックを沢山吸収できます。

TAB譜の数字が小さかったりやレイアウトが上手くないと、楽譜ってとても見づらいのですが、今回もサイズとか自分なりに色々と工夫して仕上げた、このジョーのTAB譜はスッキリと見やすくて完成にとても満足していますー。

それと、初のCDレビューも!
CDレビューの仕事ってやってみたかったんですよね!(笑)

CD紹介コーナーのダックベイカー氏のレビューを書いています。

TAB譜は前号で、インタビュー記事とCDレビューは今回初仕事なので、嬉しかったですー。

一歩一歩、確実に。自分がやりたいこと、やってみたいことを自分自身が叶えていく。

だから、人生って面白いよね。
はじめっから出来上がった面白いことなんて無くて、まずは自分がやってみたいと思うことから。そして、叶えるようにしていく過程が人を育てていき、人生がだんだん面白くなっていく。

すべては自分から生まれるもの。
posted by Nishi Nishiyama at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブ追加

日にちが近いですが、ひとつライヴが追加になりました。

2月8日(火)  アコギソロ

『BIG TIME TUNE 公開収録ライブ』
かつしかFM 78.9MHz 音楽ラジオ番組
「空歌音の〜音楽で手をつなごう〜」公開収録ライブ♪

会場:studio cube 326 1Fカフェスペース
http://www.studiocube326.com/

MC:空歌音
出演:泰之、2assist、西山隆行、木下麻里、...

open 18:00  start  18:30
Ticket \2,500-(1オーダ-別)

よろしくお願いします〜。
posted by Nishi Nishiyama at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリジナルピック

110128_004440_ed.jpgギターを始めた頃は色々な有名なギタリスト達のオリジナルピックを見て、憧れたもんです。
いや、今でもその気持ちは変わらず、やっぱりちょっと特別な感じがしてカッコイイなーと。

前から作ってみたいなぁとは思っていたのですが、市販のピックが色々種類があって、それでいいじゃんと思ってました。
しかも、自分の好きなピックって半年に一度ぐらいのペースでコロコロと変わっていくので(笑)
でも、やっとこれに落ち着きそうです。

形はいたって普通のティアドロップ型で、厚さは1.5mmです。 素材はヒ・ミ・ツ!(笑)

この素材が手に汗をかいても滑りにくくて、音色も丸みのある感じで好きです。 でも1.5mmという厚みのものはどこも作っていなく、じゃオーダーするしかないなーとなり、今回、初オーダーしました。

これは個人的に使うサンプル的なものなので、ロゴが何にも入ってませんが、現在ロゴを制作してもらっておりまして、ロゴが完成すればオーダーします。

無印のこのピックはとりあえず今のところは世界に100枚しかありません。いや、100枚もあります(笑)

今まで色々使ってきた中では、フェンダーのティアドロップ型のエクストラヘビーと、ウェーゲン製のピックが良い感じだったのですが、フェンダーのは音色は好きなんですが、汗かくと滑りやすいし、弦との摩擦ですぐに擦り減るのです。。。ウェーゲンのピックは滑らないし、なかなか擦り減らないんだけど、ちょっと音が僕にとっては固い感じ(言い方を変えると音ヌケが良い)がしたのです。たぶんブルーグラスとかする人にはすごくよいよね。それと1枚1000円ぐらい〜と高い(笑)無くした時のショックが大きい。

その二つを上手く組み合わせたのが今回のこのピックという感じですね。

個人的にはすごくお気に入りですが、何せ分厚いため、慣れないと上手く使いこなせませんので、初心者さんや普段ピックを使って演奏していない人には全くもってオススメはできませんので、あしからず(笑)
あくまでも西山個人が使いやすいと思っているだけですので。

さぁ、ロゴを完成させてアーティストピックの完成までまた楽しみが増えたなぁ。 自分だけのピック。いいね。カッコイイ♪
posted by Nishi Nishiyama at 01:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

京都

昨日、京都へ行ってきました。
朝7時に新幹線に乗りまして、二条城前の国際ホテル内でヤマハさんのお仕事で
演奏してきました。

前日からノドがイガイガし始めて、風邪っぽかったのですが、
そんなことも言ってられないので、栄養ドリンク飲んで頑張ってきました〜(笑)

京都駅に降りると、寒っと一瞬思うぐらい、東京とはちょっと温度差がありました。
でも、空気がキレイ〜。冷たい風が吹くんだけど、東京とは違う爽快感?みたいなのがいいですね。

ホテルについて、サウンドチェック。
今回は広間に備え付けの天井スピーカーを使ったのですが、
大抵こういうスピーカーだとサウンドメイキングもモニタリングも上手くいかない場合があるのですが、
サイレントギターにはハウリングとデットポイントが無いという、こういう環境にはもってこいの
システムで、サウンドチェックもサクッと終わっちゃいました(笑)
素晴らしいね!

よく、結婚式などで演奏依頼された時にはこういうシチュエーションが多いのですが、
サイレントギターがあればもう問題ないですね〜。持ち運びも楽チンだし。

本番まで時間があったので、お昼はホテル内の京料理屋さんでお造り定食をいただきました。
その後、どこか観光にと思ったら、あいにく目の前にある二条城は休城日でした。
なので、国際ホテルから歩き、三条周辺の商店街(名前なんていうんだろう?)をプラプラしてきました。

町並みが面白いよね〜。古い作りの建物も最新のデザインの建物も入り交じってて、
みんなゆっくり歩きたくなる理由がわかりますね。

本番にはやはり人が沢山入っている分、だいぶ音が吸収されてしまったので、
モニタースピーカーがない為、自分の音が最初確認しずらかったのですが、
慣れれば問題ない感じでした。次回からはその辺はちょっと気をつけようと思います。

演奏も終了して、片付けしてすぐに新幹線へ。
ゆっくり観光できれば良かったのですが、またの機会のお楽しみにとっておきます。

相変わらずノドがイガイガしますが、熱はない(ちょっと微熱ぐらい?)ので、
明日あたりには治ってるでしょう。

サイレントギター、これからちょくちょく登場する機会があると思いますので、
お楽しみに〜。
posted by Nishi Nishiyama at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

たとえば、静かな夜に

110124_155233.jpgたとえば〜♪

って歌詞多いよね!(笑)

先日、YAMAHAさんから調整してもらって受け取ってきたサイレントギター。

夜な夜な弾くにはほんと便利だねー。
うちは、夜中2時でも3時でもギター弾いてても構わない環境なんですが、やっぱりそう言ってもお隣りさんが気になるところ。

でも、夜中の静かな時間ほどミュージシャンにとって創作意欲や練習に打ち込める環境はないのです。

サイレントギター、もちろん普通にヘッドホンを装着して練習するのも良しですが、もひとつ。

ソロアコギの練習にはとても良い練習になりますね。というのも生音は家で練習するにはモニタ出来るぐらいの音量があります。(エレキのセミアコぐらい?)

でも、ボディが空洞になっていないので、余計な共鳴がないから上手に引かないと荒い演奏がすぐわかる(笑)

ボディのあるギターと同じように弾いても、あれ?こんなだっけ?という風に自分で自分の荒い部分がすぐにわかるので、とても良い練習になりますね。

エレキギターではクリーントーンで練習することによってディストーションをかけた時でも正確にピッキングができるのと同じで、アコギも共鳴が少ないことにより、同じような練習効果があるかもですね。

明日はこのサイレント君を持って京都へお出かけしてきますー。
posted by Nishi Nishiyama at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

どうしてドレミ?

ギターレッスンでよく生徒さんから言われることがあります。
「どうしてドレミやコード、リズムの練習ばかり?」
でも、これは絶対に覚えてほしいわけです。

ドレミ(音階)の構成やギターやウクレレでの指板から確認できる位置などを
覚えることによって、誰でもむっちゃ楽器と相思相愛になれるわけです。

「相思相愛」これが大切だと僕が気がついた時はギターを弾きはじめて相当時間が経ってからでした。それまではそんなこと考えたこともなかったです。

レッスンに通ってくれる生徒さんの半分は自分の演奏したい曲や目標のギタリストがいるわけですが、みんなやっぱり難しい曲を選んでくることが多いです。ギターを初めたばかりの人にとっては、簡単な曲も難しい曲も判断できないというのもわかります。

その曲が弾きたくてレッスンに通っているのに、なぜドレミ?
僕はドレミじゃなくて、この曲が弾きたいんだ!と絶対に誰でも思いますよ。
僕が同じ立場だったら絶対にそう思うし(笑)

でも、基礎が出来上がっていない人が、いきなりその曲をコピー練習を初めても、やっぱり運指が無茶苦茶だったり、音符の数え方がわからずに、リズムが崩れたりとなかなか完成まで到達しないのです。

よく考えてみれば、そうですよね。
例えば、身近なもので例えると携帯電話。

携帯電話に「短縮ダイアル」という機能があり、それを使ってみたいとします。
説明書は分厚いし、読む気がしないから、適当にどこかのボタンを押せばそのうち出てくるでしょ?という気持ちであちこちのメニューボタンを押しまくります。運良く、何かのショートカットボタンがあり、見事に「短縮ダイアル」を見つけることができました。

↑この話、たった一回だけ短縮ダイアルを使えればよくて、その後は別に気にしないということでしたら、これでも構いませんが、もう一度、短縮ダイアルを使いたいという場面になった時、前回は運良く見つかったショートカットキーがなかなかみつかりません。。。。
また、再びあちこちのボタンを押しまくります。(時間かかるよ、、、。)

という状況になると思います。だって、前回は運良く見つかったわけですから。前回見つけたのはラッキーということ。実力ではないですね。友達にその話をしたらこう言うでしょう「説明書読みなよ」と(笑)
説明書は携帯を作った人、出荷前に大量のテストをして、こうしたら使いやすいとかという、基本やアドバイスや答えを書いてくれてるわけで、それを知っていれば、一発で解決するわけですね。

音楽も、僕たちが生まれるずーと前から色々な人たちが、こうした方が良いとか、こうするとどういう響きになるとか、これとこれは相性が悪い音だとかという知識をまとめてくれて現在の音楽理論というのが存在していると。

一人で、ギターを片手に適当にあちこち弾きまくり、コードの響きをつなげることができて曲をコピーできたとしても、たまたま運良くコピーできたかもしれなく、基礎ができていないと、また次の曲をコピーするときはその「運良く」が出てくるまで弾きまくるしかないかもしれない。時間かかるよねー。

で、そうじゃなくて、基礎の部分で、ドレミやコード、ダイアトニック、スケールなどを知っておくと、むっちゃ楽に、色んな曲がコピーできるようになるわけです。

なので、基本は大事よん♪ということ。昔の人がアドバイスしてくれている音楽知識を知らないともったいなすぎると。答えを書いてくれているんですから。

相思相愛になれないとライブや本番で、ギターが反応してくれないのです。
自分がドレミ〜と弾きたくても、ギターと触れ合ってる時間が少ないと、「ドレミの位置ってどこ?? ね〜ギター君答えてよ〜」と問いかけてももちろん答えてくれません。

でもね、長い時間ギターを触ってると、ネックに触った瞬間、あ、今人差し指が5フレットの位置にいるな、とか分かるんですよ。ギターと仲良くなると、ギターの細かい部分まで感じれすんです。

たとえば、ローポジションでのCコードは絶対に目をつぶってでも確実に押さえれる自身はあります。もう10数年ギターを弾いてるわけですから、Cのコードは数え切れないほど押さえていて、その感覚を指が覚えているんですね。

ということで、昔の人がみつけてくれた音楽理論(難しい部分までじゃなくても)とギターと相思相愛になれたら、色んな曲を弾くのにどんなに楽か。

僕は中学生の時にドレミとかコードなんてしーらないっ!って思ってました(笑)ずっとTAB譜だけでコピーばかりしてましたし。でも、18才で上京してきて、師匠に「ゆずの曲をコード譜見て弾いてみろ」と言われたときに、まったく弾けませんでした(笑)「ヴァンヘイレンの曲なら沢山弾けますが?」と、、、。言ったら、「アホか。コードが分からんでどうする?」と一撃(笑)

ヴァンヘイレンの曲は運良くコピーできたけど、実力が全くなかったということですね。もちろんそれから沢山勉強しましたよ〜。だからトミーの曲をコピーするのも早いし、楽譜も書けるようになったし。ヴァンヘイレンの曲をTAB譜だけでコピーしてても、次の曲をコピーする時は知識が0と同じようなもの。それは、とっても遠回りだし、レッスンではできるだけ早く上手くなってほしいから、
一見遠回りに感じるドレミやコードの練習は頑張ってやって欲しいと思ってます。

バークリー音楽大学のトモ藤田さんも、「まず入学してから基礎部分だけで2〜3週間」します。と本に書いてあったと思う。バークリーに入学できる知識があるとそんなの必要ないのじゃないの?と思うけど、そこは絶対にどの先生も譲れない(?)ところなんだと思う。

だって、教える側からすると、生徒が上手く演奏している姿を見てみたい、
いつかは自分よりも上手くなって欲しいという気持ちがあるから。


posted by Nishi Nishiyama at 01:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

Vincent

スターリー♪ スターリー♪ ナイトー♪♪♪

Chet Atkins [Vincent (Starry Starry Night) ]




ソロギターのバージョンは知ってるけど、エレキギターバージョンを初めて聴いた。



僕が住んでる日本は、この絵のような景色とは違うけど、
世界では同じ星空をみんな見上げているんだね。
だから、懐かしさを感じ、心が温まるメロディーに共感できるんだ。



ワガママじゃないと、どこかで思い込んでいる自分の行動、
ホントかな?そう思っているのは自分だけかもね。
心の映し鏡のように、このままでは自分が見上げた星空はきっと輝かないだろう。


進む道が分からなくなった時は星空を見上げるといいかもね。
もしかしたら綺麗な流星が見えるかもしれない。
誰かがそっと手をとってくれたように。


不安を抱えた時、きっと空を見上げるだろう。
心の中は深海のように暗く、静かな水面のようかもしれない。
僕は小さな光だけど輝くよ。星の光は水面に写るんだ。
この光が水面に映った時、いつか数え切れないほどの星たちが
きっと君の水面を照らすだろう。


星空を見上げてごらん。










posted by Nishi Nishiyama at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

御徒町 F

昨日は御徒町にあるダイニング Fにて
猫時間さんとジョイントライブでした。

このFで演奏するのは3回目。
フォーク酒場という肩書きがあるのに、壁はレンガスタイル、机は大きいサイズで海外風、
しかし、マスターの服装は純日本。そんな独特で雰囲気の良いお店で演奏するのは楽しいです。

猫時間さんは今回、泣きのバラード選曲で来ましたね〜!(笑)
僕も負けじとノリノリでギャロッピング&バラードで演奏しました。

30分×4ステージとたっぷりとライブが楽しめるのもFの良いところですね。

最後は猫時間のKanさんにご協力いただき、
即席アコースティックギターデュオのにっしー&Kanちゃんで演奏!(笑)
個人的にはすごく楽しかったです〜。

258708_952315174_171large.jpg

またぜひ機会があれば、Kanさんよろしくお願いします〜。

posted by Nishi Nishiyama at 18:58| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

アコギスト待望の、、、2

NAMM2011での新製品にどんなのがあるのかワクワクして
落ち着きませんが、遂にキター!の商品。

Space (Reverb)
http://www.eventide.com/AudioDivision/Products/StompBoxes/Eventide_Space.aspx

これを待ってました!Eventideから早くリバーブのコンパクトが
出ないかなぁと思ってたんですが、今年やっときましたね。

見た感じはちょっと操作が難しそうにみえますが、
その分、細かく色んな設定ができるのでしょうね。

Eventideはもともと、プロのなかでも機材に詳しい人専用みたいな、
超高級で操作が難しい〜イメージのメーカーですが、
そのEventideが作った新製品なのですから、間違いはないでしょう!
値段もたぶん6万〜7万ぐらい?

コンパクトのリバーブにそこまでお金は出せないよ〜と
思う人もいると思いますが、絶対に良いと思います。

で、操作は簡単に、値段も安く、、、という人には
こっちの方が良いかもです。

TC Electronicの新製品

Hall of Fame (Reverb)
http://www.tcelectronic.com/hall-of-fame.asp

まず、名前が良いね!カントリー好きな人なら名前にピン!と来たはず(笑)
こちらも間違いない商品でしょう。
TC製品のリバーブの質の良さは言わずもがなですし、
このコンパクトさは魅力ですね。
操作も簡単そうだし。

EventideもTC ElectronicもどちらもUSBが挿入できるようになっていて、
メーカーHP上からデータをダウンロードして使えるみたいです。
たぶん、有名ギタリストと同じセッティングを一発で使えるようにできますよ!
という内容だとは思います。
こちらの値段は不明ですが、3〜4万ぐらいかな?

エレアコには、AERのPocket toolsとリバーブは上記のどちらかで
もう決まりかも!?(笑)
よい時代になりましたね〜。

発売が楽しみ!
posted by Nishi Nishiyama at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YAMAHA A Series

NAMM2011開催中。
行きたい、行きたい、行きたいなぁ(笑)
いつかは必ずいくで〜!

NAMMは各メーカーから新製品の発表会イベントなんですが、
僕も愛用しているYAMAHAからも新しい製品がお披露目となったようです。

「A Series」

詳しい内容はまだYAMAHAのホームページに掲載されていないので、
現段階としてここのブログでは詳しくは書かず、HPに発表があれば書きますね。

ここのページにはNAMMでのレポートが掲載されていますね。
http://iheartguitarblog.com/2011/01/namm-2011-yamaha-a-series.html

A Seriesは僕もラインサウンドの実験に参加させてもらっていましたので、
とても愛着があります。
ぜひ多くの人がこのギターを使ってくれることを楽しみにしてます。

個人的にはFGスタイルのマホガニー材モデルがすごく良かった印象があります。
要チェック〜。

そして、明日はライブです!!
御徒町にあるダイングFで、猫時間さんとジョイントライブ。
アットホームな空間のお店で、僕もお気に入りのお店です〜。
さて、明日はガンガン演奏したいと思ってますので、
みなさん、遊びにいきてくださいね!


+++++++++++++++

◆1月15日(土) アコギ・ソロ

猫時間さんとジョイント・ライブです。

東京 御徒町 Acoustic Dining F
http://adf.gonna.jp/info.html

スタート19:30〜 
ミュージックチャージ無し(要オーダー)

+++++++++++++++







posted by Nishi Nishiyama at 17:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何度見ても

新しいMacを買ってから、夜な夜なYoutubeタイム。
だって、今までYoutube見れなかったんだから、見たい映像沢山ありすぎて困る(笑)

何度かこのブログでも書いてきましたが、
中1の時に、ヴァンヘイレンの映像を見て、個人的に第一次ギター革命が起こったわけですが、
その映像もやっぱりありました。

ヴァンヘイレンの色んなギターソロの映像がありますが、
やっぱりこの時のエディーが僕は一番好きです。
ちょっと体系も豊か?な感じですが、プレイも最高に安定しますよね。



もちろん、今でもこんなに弾けませんが、
当時はエディーの弾き方はマジシャンにしか見えなかった(笑)

ただむっちゃ速いだけでなく、フレーズも良いわ〜惚れる♪
これが本家のライトハンド奏法の音や〜。

うん、今日も良い夢がみれそう。

そして、このPVがすごく好きだね〜。
テンション上がるよ(笑)

ヴァンヘイレンが小さなライブハウスで突然のゲリラライブ、世間がパニック(笑)
英語わからんけど、たぶんそういう内容だよね?(笑)
こういうの好き。アメリカンなPVが良いね〜。


posted by Nishi Nishiyama at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

もう一人のギャロッピッカー。

ギャロッピング奏法と言ってもその中でも色々あるわけですが、
チェットやトミーとはまた違い、やっぱりこの人にはこの人の弾き方があるわけです。

ブライアンセッツァー氏は僕も大好きで、
アコギばっかり弾いてると、こういうのが聞きたくなるんです(笑)

ユーチューブはこちら。


しかし、まぁよくあのギターの構える位置の低さで、あれだけ正確に弾けるもんですねぇ(笑)
さすがにアコギをあれだけの低さには構えて弾けませんが、やっぱりカッコ良さは重要。うんうん。

ライブってやっぱり刺激がないとね。
今年の課題は、チェット6割、トミー3割、ブライアン1割?=西山!?、、、、無理(笑)

posted by Nishi Nishiyama at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

お疲れさまでした。

110109_205456_ed.jpg今日はレッスンのあと、狛江に向かいました。

いつも美味しい串揚げを作ってくれる狛江の山吹で5年間勤めたトクさんが昨年いっぱいで卒業ということで、今日は仲間で集まりパーティーを開きました。

今思うと5年前ということは、僕が山吹に行き始めた頃でもあるんですねー。沖縄出身のトクさんは温かいオーラ満載です。

今日は、山吹の常連でもあり美味しい料理を作ってくれるプリマベーラの八木さんに沢山の美味しい料理を作っていただき終始楽しい会となりました。

色々な料理があったのですが、みんな食べるの速くて、、、撮れた写真はシーフードピラフ、20人前!?ぐらい(笑)

狛江にきたら、山吹とプリマベーラにぜひ行ってくださいね!

トクさんお疲れさまでした!
また近々遊んでくださいね。
posted by Nishi Nishiyama at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

アコギプレイヤーに待望の、、、

これを待っていた!
と、言えるほどの商品ではないかな?と思うよ。

アコギ用のアンプで有名なAERから小型のプリアンプ、イコライザー、ミキサーが発売。

http://ja.audiofanzine.com/aer/news/a.play,n.2143.html

ジョーロビンソンがすでにこのデュアルミックスを使っていて、
え〜?そんなの聞いたことないなぁと思って調べてみたら、ヨーロッパだけが先行で発売していたみたい。

ジョーもすごく良いよ!って絶賛してたんだけど、
むっちゃ良さそう。これ、今後のアコギストの必須アイテムになりそうな気がする。

何と行っても、「小さい」「音が良い」「使い勝手が良い」と揃ってます。

昔、BINGOアンプのスピーカー無しのヘッド部分だけを発売していたんだけど、
知らないうちに、メーカーサイトから消えたなぁと思ったら、これを開発してたんだねきっと。

NAMMショー2011で正式に発表みたいですが、
あわてて、個人で輸入しなくても、どうやら日本での代理店も決まってるみたいなので、
春〜夏頃には日本の楽器屋でも購入できるようになるんじゃないかな。

ここまで書いて、僕はAERさんの回し者ではないですが、
自分もこれは欲しいなーと久しぶりに思った商品なので。

ちなみに、AERでは宣伝ページにジーバンの後ろポケットにこの機器を
突っ込んでる(これぐらいのサイズだよというアピール?)んだけど、
ちょっと無理がある!?(笑)

でも、普段からギター担いでライブ活動して移動しているミュージシャンにとっては朗報だね。

posted by Nishi Nishiyama at 00:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

今年の新しいこと、ひとつ

ギターを弾くときの右手は、フラットピックと中指、薬指(たまーに小指も)で弦を弾いて演奏しています。

今年から、中指と薬指の爪は伸ばさずに、指の皮膚だけが弦に当たる状態でピッキングを練習していこうと決めました。

出来るだけ皮膚の柔らかい音でピッキングしたいんですが、爪+皮膚で弾かないと指のピッキング音がフラットピックよりも小さくなってしまうので、要は全体のバランスが悪くなってしまうのです、が、そんなのカンケーネー♪(笑)

じゃなくて、皮膚のみのピッキングでフラットピックとの音量差をできるだけ無くして行こうと新しくチャレンジしていこうと思います。

アコギインストを始めた頃は、右手の指はほぼ爪だけが弦に当たるぐらいの長さで演奏してましたが、爪は元々薄くてすぐ割れてしまうので、爪+皮膚でピッキングできるぐらいに。そして皮膚のみへとだんだん短くなってきてます(笑)

性格も面倒がり屋さんなので、いちいち爪の長さを揃えるとか、演奏前にヤスリでツルツルにとか、補強材を塗るとか、全然ロックじゃない!(笑) というか、全然僕には向いてないのです。 ギターも機材も指もシンプルであり、それがベストとなるようにが我が心得のひとつとして。

あと、やっぱり思うのはギターを立って弾くときのギターの位置。

最近のトミーみたいに低めにしたいねー。どうしても弾きやすさを求めてしまい、上へ上へと構えてしまうのですが、それってロックじゃないね(笑)

低めのポジションは弾くの辛いけど、男は忍耐だー。

頑張って無理しよう(笑) 腱鞘炎にならない程度に。
posted by Nishi Nishiyama at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

パワースポットと言うなれば

110102_142334_ed.jpg和歌山に帰ると時間があればここに来ます。

お気に入りの海の公園。

マリーシティという遊園地が和歌山にあるのですが、その近くなんですが、穴場のスポットで普段はほとんど人がいないので、広〜い空と海はひとり占め(笑)

風が強くて長くはいれませんでしたが、やっぱりここに来るとちょっと安心して、さぁやらればと再び気持ちを入れ替えることができる不思議な場所。

自分のパワースポットは?と聞かれればここかな。
なので、この場所はずっとなくなって欲しくないなぁ。

さぁ、今年は何が起こるのか?
楽しみだね。
posted by Nishi Nishiyama at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

明けましておめでとうございます!

110101_125419_ed.jpg新年、明けましておめでとうございます!!

楽しく明るく良い一年にしていきましょうね。

年末から今日までは、のんびりーと家で過ごしています。

ニュースでは雪が大変なことになってますね。。。和歌山でも雪が降るぐらいですし、かなり寒いです。

明日、新幹線で帰る予定ですが、超帰省ラッシュで大変そうやなぁ。

さて、2011年。
のんびりはしていられない年かな。
やることいっぱい(笑)
あっという間に過ぎて行きそうです。

今年も頑張って行きますので、どうぞよろしくお願いします〜!

写真は昨日の朝に初詣に行った時の風景。
posted by Nishi Nishiyama at 11:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。