2011年12月28日

アコースティック楽器にはメイプル?

メイプルと言われる木材、ギターの他にはバイオリンなどで使われるのが有名ですが、アコースティックギターの音をマイクで拾ったり、ピックアップで音を拾う場合、もしかしたら個人的に思うのは、サイド&バック材にはメイプルが一番使いやすい気がしてきました。

生音はマホガニーの優しい音が好きなのですが、音をエレクトリックの力で増幅するとどうしてもローズやマホガニーなどの木材では低音や中域音が大きく膨らみすぎてしまう気がします。もちろんこれは個人的な意見ですが。

先日、バイオリンの羽純ちゃんと久しぶりに演奏したのですが、バイオリンって普段ギターの音ばかり聴いてる人間からすると、間近で音を聴くと相当高音が強くて、隣で聴いていても音がデカし、よくアゴに挟んで弾けるなぁとか思っていましたが、ふと思ったのはやっぱりバイオリンってメイプルとスプルースの固い音色が年月の経過によって、どんどんマイルドで粘り気のある音になっていくんじゃないかなぁと思いました。

実際、僕もMerillギターのサイド&バックがキルテッド・メイプルのギターを持っていましたが、今思えばあれが一番音が良くて、録音した音も一番良かった。もちろん、Merillは作りも良くて大きな音が出るように作っていることもありますが。

YAMAHAのCPX900は合板ですが、サイド&バックにメイプル。CPXー15Uのローズよりも個人的にはメイプルの方が良く感じます。

んーー、これからは個人的にメイプルのブームがやってくるのか!?
とりあえず、色んなメーカーのを弾き比べてみるかな(笑)


posted by Nishi Nishiyama at 02:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

0.14弦と0.17弦

2週間ほど前からMaton customの1弦を0.14弦、2弦を0.17弦を張っています。
Matonは弦高をかなり下げることができるネックの仕込み角度なので、
僕もかなり低めにセッティングしていますが、そうすると、弦のテンションも
下がってしまい、1、2弦がテンション弱くてペチッとした音になってしまうのです。
逆に言えば、テンションが弱くなるから押さえやすいということですが。

どうもそのペチっとした音は好きではないので、太い弦を張ってみたということ。
さすがに、0.14と0.17をアコギに張るとかなりテンションもキツくなります。
注)普通のギターには張らない方がいいと思います。Matonだからできるという感じです。

でも、その分音も太くなり、ペチッとした音も出なくなります。
しばらくこの弦で演奏していましたが、だいぶ慣れてきたので、これかもこのギターには
これで行こうかなと思ってます。ある意味小指がかなり鍛えられる(笑)
難しいコードフォームだとより力がいるので。

ちなみに、YAMAHAのカスタムギターに同じことをやってみましたが、
YAMAHAはLシリーズは元々テンションが強めなので、無理でした(笑)

難点はこの弦のセットが販売されてないので、バラ弦で買うしかなく高くつくというところかな。




posted by Nishi Nishiyama at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

エバラ健太ワンマンライブ終了

16日金曜は渋谷7th floorでエバラ君のミニアルバム発売記念ワンマンライブに
参加してきました。

神戸から井草君も来てくれて、サックスはエバラ君とよく一緒に演奏している庸蔵さんと。
前半は、ほぼエバラ君のソロコーナーで、後半はうちらゲスト陣もステージで楽しく演奏してきました。

実は、この日いままでの自分には無かった「歌う」ということを!(笑)
普段緊張することはもうほとんどないけど、久しぶりに緊張したよ。

日頃、歌は歌わないし、人生の中でカラオケで歌ったのは5曲ぐらいしかないのに(笑)
いきなりステージで、しかも自分のライブじゃなく、大切なワンマンで。

もちろん、音響さんに「僕のマイクの音、小さくていいですから」って言うさ(笑)

心寛大なエバラ君は僕の音痴なハモリにも耐えて?くれて、なんとか無事に終了することが
できましたとさー。 みなさんからの反応も、西山への「音痴」の感想もないことから、
それほど害はなかったと思われますです、ハイ(笑)

本当はもっと色々感想とか書きたいんだけど、師走は忙しいのよよよ。

とりあえず、今週は採譜の仕事とインタビューの校正の仕事の締め切り、
そして、明日は年内最後のソロライブ、忘年会にレッスンに、スタジオの色々、
ギターを弾く時間も、ブログをゆっくり書いてる暇もなかなかありませんが、
元気にしてますので、みなさんご心配なく。

とりあえず、明日のキックバックカフェのソロライブに来れそうな方がいましたら
ぜひ遊びにきてくださいね! よろしくお願いしますー。


◆12月20日(火) アコギ・ソロ

東京都 調布仙川 Kick back cafe
http://www.kickbackcafe.jp/

「言葉の向こう側 SP 年末&Christmas LIVE」

出演:SOURCES、西山隆行、他
オープン:18:00 スタート19:30
チャージ:前売 ¥2,000 当日 ¥2,500(共に1オーダー)




posted by Nishi Nishiyama at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

AER Pocket tools

Joe Robinsonが来日した時に使っていて、あれ?見た事も無い機材だなぁと思って、
調べてみたら、AERがドイツだけで先行発売していたモデル、Pocket toolsが1年遅れで
やっと日本にも到着しました。

11504.jpg


早速、試奏してみましたが、もう十分です。十分過ぎます。十分過ぎてしまいます(笑)
色んなメーカーが色んなプリアンプを発売してきまして、僕も買って試してを繰り返してきましたが、
これで十分ですよほんと。
昔っからこういう商品が出てくれていれば、僕も貧乏じゃなかったでしょうに(笑)

これからプリアンプを買おうと思ってる人はとりあえず、これ買っておけば間違いなし的な
ガイドラインになっていくモデルじゃないでしょうか?

僕の思った印象ですが、繋ぐだけで音が良くなるとか、太くなるとかってことはないですが、
繋ぐだけで、音が劣化しまくるとか、音色が変わってしまうということはないナチュラルな感じです。

ピックアップの個性を活かしたまま音量をあげることができ、
音量をあげてもノイズも増幅してしまうこともなさそうです。(ピックアップからノイズが発生してればダメですが)
ケーブルを繋いで、レベルを適正位置まであげて、あとイコライザーは補正的に使うという感じかな。

で、このシリーズは3種類あるのですが、一番メインとなると思われる
Dual Mixというモデル。 これは、2chのインプットが使え、リバーブも内蔵。
ようは、大胆な音作りをプリアンプ側でする必要のない人は、このDual MixだけでOkということです。
リバーブもアコギで使いやすい感じで低音がモコモコするようなことはないです。
HiとLowのイコライザーのつまみもアコギのオイシイところをカットしすぎることはなく、
良い感じに調整できます。
大げさに言うと、イコライザーを極端に無茶なセッティングをしても悪い音にはならないという感じ(笑)

しかしまあ、片手に収まるサイズで良質なプリアンプとリバーブ内蔵ですから、十分ですよ。
ちなみに、コンセントも小さいので持ち運びは相当楽ですね。

2、3kgもあるような重い固体のプリアンプとはさようならかもしれませんね。

もう一つのモデルはイコライザーに焦点をあてたもので、
こちらはDual Mixでは補えきれない音作りをする人向けという感じかな?
ちょっと使い方は難しいかもしれませんが、こちらも同じように極端に設定しても悪い音にはならない
ようになっているので、初心者の方でも安心かもしれません。

例えば、Dual Mixiはアコギだけじゃなくて、コンデンサーマイクも入力できますから、
バイオリンやウッドベースとかにコンデンサーマイクを使っている人にも良いとおもいますよ。

確実に売れるでしょうね。 誰か僕に買ってください!(笑)
posted by Nishi Nishiyama at 23:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ニューアルバム、制作します!

ついにーーーー。重い腰もお尻もキモチもあげて、2stアルバムを作ることをここに宣言します!(笑)
いつもいつも、首をながーーーーーーーく待っていただいているみなさんにはほんと申し訳ないですが、前よりは少し前進ということで、ほんのちょっとだけ期待してくださいね。

まだ、詳細をハッキリは決めておりませんが、オリジナル12、3曲入りのアルバムとなる予定です。カバーソングは、いずれカバーソングだけを集めたアルバムにしたいと思ってますので、2stもオリジナルソングのみでいきます。

オリジナルソングに自信がなくて、中途半端に有名なカバーソングを入れて穴埋めするようなことはしたくないし、オリジナルソングに自信があるからオンリーで行く!というスタンスです。それはギタリストであり、メロディーメーカーでもあることを常に心に思っているから。

現在オリジナル曲は40曲ぐらいあるので、どれを入れるかをこれから絞っていくことにしますが、大きく分けてGift , snow drop , などのメロディー主体曲と、Dejuvu of the dark moonやSunday bulldogなどのギャロッピング系の2系統になると思われますです。

A型優柔不断に生まれたこともあり(笑)2、3ヶ月で完成するとは思われませんので、とりあえず7月CAASナッシュビル行きまでの、5月か6月に発表できるように進めていきたいと思っております。

もちろん、発売記念ワンマンを東京と大阪で計画していきますので、そちらも決まり次第お知らせしていきます。

この2stアルバムが勝負。 日本で演奏することに飽きた訳でもないし、むしろもっとやっていきたいんだけど気持ちは世界を見つめています。 刺激が欲しいんだ。めちゃくちゃに凹まされたあと、這い上がってくる精神力を忘れちゃいけない。

僕はこのまま留まることを忘れ、世界で演奏することを目指すよ。

人生プレッシャーだらけさ(笑) 
今からワカメを沢山食べて、髪の毛が薄くならないようにしておくよ(笑)

A型の優柔不断だし、O型の気分屋テキトーさも持ってるから、周りにいる人は
僕のことを扱いずらいと思ってるかもしれないけど、これからも応援してくださいね。

トミーがギターに書いてくれたサイン、「You've got it !」
そう、僕はイイモン持って生まれてきたんだ。きっとね。

posted by Nishi Nishiyama at 12:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。