2010年12月19日

国産ヴィンテージ

101217_165347_ed.jpg無事に飛行機もとうして、今は家に向かって電車に乗ってます〜。

札幌遠征楽しかったよ。
今回もイロイロと美味しいものも食べたし、満足。

が、一つ心残りは肉料理食べなかったなぁ。次こそは生ラムのシャブシャブをもう一度行ってみたいな。

そうそう、札幌に行く前日に、素晴らしいギターに巡り会ってしまいました。

アコギに詳しい人は知ってるヤマキのギター。しかもデラックス。
合板ですが、年月も過ぎて木が良い感じに枯れている音がします。音量もデカイ。

でも調整しないとちょっと使えないなぁと思ってて、ナット、サドルを交換してもらい、全フレットの打ち直しをスギクラフトさんにお願いしました。

それが先日戻ってきたのですが、音を出した瞬間、感動した!!
むっちゃ良い音になってる〜!
レコーディングでもバッチリ使えるギターに大変身!

ちょっとネックが太くて慣れない感じもあるけど、これからは生ギターでライブするときとかはドンドン使ってみようと思います。

きっと国産ヴィンテージ愛好家のギタリスト浜田隆史さんも大興奮するギターだと思うなぁ(笑)
posted by Nishi Nishiyama at 22:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この子は、前回のシークレット・トーンズに登場した子ですよね?
更にパワーアップしたんですね
次回の生男ライブ楽しみにしてます(^。^)/~~
Posted by Chii at 2010年12月19日 23:09
おっ「ヤマキ」懐かしいですね!
今はヤマキと言えば「めんつゆ」ですが、70年代は国産ではメジャーなギターだったと思います。
経年の感じがいいですね!トミーのように塗装がスレるともっといいかもです!
最新のアコギブックで西山さんのインタビュー記事拝見しました!
Posted by エルモカンボ at 2010年12月20日 06:49
訂正

生男→生音でした
恥ずかしい(//△//)
Posted by Chii at 2010年12月20日 07:31
浜田隆史さんって、北海道在住の??
意外なところでまた繋がりましたね〜。
今年釧路と国分寺でご一緒しました。σ(^_^)
久しぶりに西山さんのギター聴きたいです。
Posted by at 2010年12月20日 19:10
>Chiiさん
ウケました(笑)
じゃ、今度のテーマはそれで(笑)

>エルモカンボさん
これはほんと当たりですね。たぶん昔かったのをそのまま保管されてたようで、大きな傷もないし、
よい感じにビンテージになっていますよ。

>あれ?名前がないよ〜さん
浜田さんと言えば、1人しかいませんから(笑)
一緒に?ということはギタリストの方ですね??
Posted by にっしー at 2010年12月22日 15:07
ありゃ、名前が抜けた。
鼻笛吹きのモスリンです。(^。^;)
Posted by モスリン at 2010年12月25日 09:10
>モスリンさん
あら、モスリンさんだったんですね!
浜田さんと共演されてたのは意外ですねー。
Posted by にっしー at 2010年12月27日 11:11
うちにもヤマキ君いますよ〜(^0^)
Kanちゃんが大学の時に買ったハカランダのやつ。もう35年くらいたってます。
就職して札幌に飛ばされて、1年ほどであまりに乾燥していたのでトップが2ミリほどパックリ(;;)
こちらに帰ってから直してもらいましたが1年くらいかかりました(〜〜;
恐ろしいくらいでかくて深い音がします。
ぜひどこかでヤマキ兄弟を会わせてあげたいですね(^^)

1月15日はよろしくお願いします(__)
Posted by neko☆ at 2010年12月27日 13:33
>neko☆さん
ハカランダのヤマキですか〜、爆音ですね!(笑)
15日はバリバリ行きましょうね!
Posted by にっしー at 2010年12月28日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174159228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。