2011年02月09日

最近の缶コーヒーが美味くない。

みなさんご存知!?のとおり、僕は無類の缶コーヒー好きです。
どうしてなんでしょう。自販機の前に立つと、視界には缶コーヒーの部分しか目に入ってきません(笑)

自販機には20種類ぐらい?色んな缶ジュースが並んでいますが、
僕にとっては、3択ぐらいでして、他の17種類はもうすでに外野的状態なんです。

ほぼ、毎日のように飲んでしまっているわけですが(ほんとは良くないけどねー)
そのコーヒーを飲む瞬間が、たばこを吸う人のイップク的なリラックスなんだと思います。

が、しかし、、、、ここ数ヶ月、各メーカーの缶コーヒーの味は
微糖路線に走っており、小カロリーや砂糖未使用やらで、目指している味の方向が良く分からんとです。
正直、美味しいとは思わなくなってきている、ここ最近の缶コーヒー。
なんかんさぁ、コーヒー豆の苦みとかじゃなく、薬的な苦み?があったりしない?

じゃ、ペットボトルやコーヒーショップで買えばいいじゃん?ってなるんですが、
どうしてか、あの120円の小さいサイズに僕は魅力を感じるのだろう。

缶コーヒーを楽しみたいという考えは変わらないのだけど、
僕の好みとメーカーの考えが合わなくなってきたのかな〜。

このまま、缶コーヒー癖を一気にやめてしまうのも一つの手だとは思うけど、
禁煙する人の気持ちと同じ?で、やっぱりなかなかそれがね(笑)

コーヒー豆の値段も沸騰中なので、ますます経費削減で
各メーカーが色々アイディアを出してはくると思いますが、
このまま、僕は缶コーヒー好きでいられるのだろうか?(笑)

そういえば、金沢で飲んだキャラバンサライという金沢では有名な
コーヒー屋さんのコーヒー、これは美味しかった。東京に進出して(笑)

昨日は、かつしかFM公開録音ライブで演奏してきました。
新曲も演奏しました!
初めてのお客さんがほとんどだったのですが「Gift」はすごく評判良くて嬉しかったです。
この曲が出来た1年前からずーとライブでは弾いてきているので、
曲自体も成長してきている?もしくは自分が曲の理解力が上がっているという感じかな?
良い曲!

僕はインストはインストを超えられると思います。

よく、MCで「アコギ・インストっていう歌がないんですが、メロディーも伴奏も一人で
演奏して、、、」とか、アコギインスト系のイベントではない時はしゃべったりするのですが、
これって、最近思うのは自分で自分を演奏を始める前に
マイナスイメージにしているような気がして。。。

自分としては、初めてのお客さんに分かりやすく伝えるためにと思って、
良かれと思って言っているつもりですが、第三者的に聞いてみれば、
そんなMCはいらないと。

自分の演奏、自分の曲に自信がなきゃ、演奏するな。
それぐらいの気持ちじゃないと、今は生き残れない。
と、自分に言い聞かせて。 
音楽でご飯を食べていく、ということは、一つ自分の商店を持つことと同じ。

「今日の演奏はイマイチだったなぁ、でもね、明日は良い演奏ができるかもしれないから、
明日もまた来てね。」

そんな、ことをたとえば商店に置き換えてみると、

「今日のラーメンのスープはイマイチだけど、明日のスープはもしかしたら良い味かもしれないから、
明日もまた来てね。」

自分だったら、一度美味しくない料理を食べてしまったお店には
2度目は行かないだろう。

もちろん、演奏にはその日の体調や精神的な部分、お店の雰囲気、機材面、等
色々な要素が加わってくるので、日々同じ料理場で料理を作れるような環境と
同じというわけではないけれど、プロというのはそこを超えられるか?という部分が
大きいと思う。

そして、インストはインストを超えられる。
歌も、ギターも「旋律」を奏でていることには違いがないはず。
人の心に奏でたメロディーが残った時、それは感動したということではないかな?

心のどこかで、やっぱり歌モノには敵わないんだよなぁ。と
思っている考えが少しはあるはずだけど、
良いメロディーを奏でること、感動できるバイブレーションが相手の心を
揺さぶれた時、きっと、インストはインストを超えることができるはず。


コーヒーと全然話し変わっちゃったね(笑)








posted by Nishi Nishiyama at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


そういや高校生の時、肉まんとコーヒーでよく迎えに来てくれたよな!笑
懐かしいなぁ〜

Posted by しずふみ at 2011年02月10日 21:02
>しずふみ
そうやな〜(笑) あの時は缶コーヒーと肉まんが最高のコンビやったなぁ。懐かしい。
Posted by にっしー at 2011年02月11日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。