2011年02月16日

アコギ弾きは尽くすタイプ?

いつも思うのですが、アコースティック・ギターってすごく世話焼きさんですよね(笑)

弦は換えなきゃいけないし、湿度や温度にも気をつかい、
ネックが曲がってないか日々チェックし、
キズがつかないように気をつけて演奏しては、
運搬様のケースも良いのを買ったり、
演奏が終わったらクロスで吹いてあげたり、、、

犬を飼うのと同じぐらい?(笑)
猫の方がまだ楽かも?。

それぐらいなら、まだよいんだけど、
ライブで使ったり、レコーディングともなればより一層、、、(笑)

アコースティック・ギターの音をバランス良く大きな音でスピーカーから
音を出すことはほんと大変。
色んな機械を買っては試してみて、ライブで演奏しては納得いかずに気分は撃沈、
みたいなことは良くある話。
相当な出費になるし、最高の音が出た!なんてことはないわけで、、、
大御所のプロ達でも同じように、音を作ることは苦戦しているし、
今の文明?では、どこかで妥協する部分が必要なんですよね。

単体で演奏する時でも大変なのに、バンドの中で使うとなるとこれまた大変。
大抵は演奏者と音響さんの、大人二人がかりで、あーだ、こーだしながら
アコースティック・ギターの様子を伺う(笑)

機嫌を損ねたら、ピー!とハウリング起こすし、
演奏中に弦が切れることもたまにはあるだろうし。

大人数のアンサンブルともなると、アコースティック・ギターの音って
全く存在感のない音になってしまうの。
リズムはドラムが、低音はベースが、和音はピアノが、メロディーはボーカルが、
アコギはどこに入ればいいの〜〜〜?みたいな(笑)
もちろん、アンサンブルの時は、他の楽器のみなさんは
アコギってそんな扱いづらいの?って知らなく、ガンガン演奏してくるから、
あれ?ギターさんちゃんと演奏してよ!みたいな突っ込みが入るし。
もちろん、こっちは「いやいや、演奏してますよーでも、みんながフルパワーで演奏したら
アコギは入る隙間がないねん」と心の中で思ってます(笑)


しかし、僕たちは君にどれほどの努力とお金を惜しみなく
尽くしているのか分かってくれているかな〜?

ほんと、素直に気持ちが寄り添って欲しいもんです。

と、言ってもこちらもギターは1本だけを生涯使い続けるということはなく、
やっぱり2本、3本と増えていき、これはライブ用、これはレコーディング用とか、、
浮気をしているから、振り向いてくれないのでしょうか?(笑)

とは言っても、これからも不便だけど、
ずっとこうやって面倒を見て行くのでしょう。
それも、ある意味、幸せのカタチかもね。


この寒い1週間の間に、2組の友達が赤ちゃんを出産しました。
手間も面倒も沢山かかるだろうけど。夫婦仲良くずっと温かく。

幸せのカタチ。



posted by Nishi Nishiyama at 00:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アコギって手がかかるのねー。
向かないかも、わたし(笑)

今のところにっしーの可愛い手のかかる赤ちゃんは
いや、恋人はギターなのかな?

どうぞ折り合い良く、仲良くしてくださいね〜♪
Posted by ため at 2011年02月16日 08:49
>ためさん
ギターはほんと手間かかりますー(笑)
手間がかからなくなったらなったで、寂しいかもですねー。
Posted by にっしー at 2011年02月16日 10:56
手がかかるから
愛おしいんでしょうね〜

そして、素敵なメロディが
生まれるんですよね。。。
Posted by chii at 2011年02月16日 13:02
確かにストラトの時は弦など緩めた事は無かったですが、アコギでは当然のように弦は緩める、クロスで拭く、ケースにしまう、弦交換の時にはフレットは磨く、指板にレモンオイルを塗る・・などやってます。
でも手がかかるなぁ・・などとは思った事はあまり無くアコギではこれが当たり前と言う感じでやってますね!
それでも冬場の乾燥でネックが順反りしたりとデリケートと言うか木はギターになっても生きてるんだなぁと思ってしまいます。

Posted by エルモカンボ at 2011年02月16日 20:35
>chiiさん
たしかに、今ギターがなくなると、生きがいがなくて、死んでしまうかもですね(笑) 

>エルモカンボさん
エレキも手間はかかりますが、アコギはもっとですね(笑)
そういう部分も含めてアコースティックなんだと思います。
Posted by にっしー at 2011年02月16日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186111097

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。