2011年04月23日

ピックガードは必需品

ギターのピックガードとは、、、
本来の目的は、名前の通りでボディにピックの擦り傷が付かないように、
ガードするものだと思う。

僕はアコギでギャロッピングする時に、
右手の小指をピンと伸ばして、ボディに付けて手首を安定させる
フォームなのですが、ブリッジ部分が高い(ボディから弦までの距離)と、
小指がボディに届きづらく、安定しないのです。

手が大きい人や、小指が長い人なら問題ないのでしょうが、
僕の小指は決して長いほうではないので、
ピックガードがあると、その分ブリッジまでの距離を
少しピックガードの厚みで稼げるのです(笑)

今日、色々ギターを弾いていてピックガードの重要さを感じました(笑)
バラードとか弾く時はブリッジに手首を固定しないので、
さほど問題ではないのですが、ギャロッピングする時は、
小指が安定していないと上手くピッキングできないみたいです。

YAMAHAのカスタムギターはギャロピングしやすいなぁといつも思ってたら、
このカスタムはピックガードをプラスチックじゃなくて、
木で作ってもらってるんです。

木だと年数が経つと、保管状態などにより
変形する可能性があるので、分厚いピックガードになってます。
1.5~2mmはあるかな?

たった2mmで?って思うかもしれませんが、
それがすごく重要なのですよ!
そのおかげで、いつもより小指がボディと接する面積が大きく
安定するということがようやく分かりました。

もともと、小指のために分厚いピックガードにしたわけではないけど、
偶然にも自分にとって良い方向になったということですね。
僕にとってピックガードは必需品ですね(笑)

フルアコみたいに、高さが調整できるピックガードとかに
変更しちゃうとむっちゃ楽なのかもしれないけど、
やっぱり見た目がアコギらしくなくなるからイマイチやね。

昔は良いギターとはなんぞや?というのを良く考えていましたが、
やっと「自分にとって良いギター」というのが確率されてきました。

この自分にとって良いギターというのは、
人それぞれ違うわけですから、ギターというものは面白いもんです。

今の目標は、立って演奏した時にバランス良く見えるギターであり、
ベルトの位置ぐらいまでギターを低めに持つことができるギター。

やっぱりブアイアンセッツァーみたいに低い位置は
ロックな感じがして、いいなーと思うから、
それ、目指したいと思います(笑)

ただ、セーハフォームをきっちり押さえるのは
相当厳しくなるね(笑)
posted by Nishi Nishiyama at 01:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういう意味で必要な場合もあるのでね。
話は違いますがセッツアーの新譜インストアルバムです。
きっと西山さんが好きなアルバムだと思いますよ。
http://www.briansetzer.com/setzer-news/setzer-goes-instru-mental-available-now
Posted by いっせい at 2011年04月23日 16:43
 私もピックガードは必需品です。

 でも、機能的ではなく「見た目」ですw

 フィンガーピッキングに特化したギターでも付けておいてほしい。

 自分で付けたらイイのですが、問題は無いでしょうが設計上音に影響?とか考えてしまうし、デザイン的に×になってしまうとかあるので・・・

 今のLJX26CPはその点バッチリでした。

 スチール弦ギターはフィンガーからフラットピック弾きまで想定していて欲しいです。

 欲張りですかね〜。
 
Posted by Schwein at 2011年04月24日 23:32
>いっせいさん
セッツァーみたいに、ハイテンションなライブって憧れます。でも、相当体力いりますね(笑)
CDチェックしてみますー。 

>Schweinさん
ピックガードはやっぱり音色に関して気にされる方は多いですね。たしかに、表面版に直接張り付けるので、全く音に影響はないということはないでしょうね。

「スチール弦ギターはフィンガーからフラットピック弾きまで想定していて欲しいです。」

これは難しいですよね(笑)
各メーカーさんも色々考えてくださっていますが、両立というのはやっぱり構造的に無理かもしれませんね。
Posted by にっしー at 2011年04月25日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197224856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。