2011年11月28日

指は鍛える!

ギターの話です。

右手のピッキングですが、爪を使わずになってはや2年ちょい。
それほど、指先の皮膚が硬化してきたわけではないけど、あきらかにピッキング音が強くなってきている感じ。

皮膚だけだとどうしても1&2弦でメロディーを弾くと、音が埋もれてしまって音楽的にならない感じだったんだけど、今はしっかり音が出せるようになってきたし、爪は音色が硬めで前に飛ぶ音なんだけど、やっぱり僕は皮膚の温かみのある音の方が好き。やっぱりバラードを弾いた時には良く分かるし、ピックと指の音色の違いもメロディーにメリハリを付けれるので、オイシさ2倍という感じかな。

あとは、いちいち爪のケアをする必要もないし、爪を伸ばしてると、ボーリングできないし(笑)

人間、継続は力なり?ということで、やっぱり皮膚だけで弾き続けると成長していくんですねー。

皮膚だけでピッキングしているというと、みんなビックリするぐらい。このまま指を進化させていけば、いつかはトミーのように鋭い音が出るようになるかな?(笑)

これぞフィンガーピッカーじゃない?(笑) 爪で弾く人はネイルピッカーか??(笑)
posted by Nishi Nishiyama at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ、風邪は大丈夫でしょうか?僕もここ2、3日熱かでてしまいギターが触れずストレスがたまっているところです(--;)実は最近僕もnishiスタイルで練習しています。僕なりに色々メリットを感じています。nishiさんのあのきらびやかな音色はあのスタイルから出ているんですよね。憧れますね〜。
Posted by go!196 at 2011年11月29日 22:27
>go!196さん
風邪はだいぶよくなりまして、熱はもうないですが、ノドがちょっとだけ不快感があるだけです。 僕のスタイルは、、、まったくもってオススメはしませんが、ぜひ頑張ってください! とりあえず右手の薬指を自由に動かせるようにしていくのが有効ですね。
Posted by にっしー at 2011年12月01日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。